《新编日语(一)》第十六課 前文と会話と読解文

第十六課 クリスマス

前文

もうすぐクリスマスです。吉田さんは友達にプレゼントしようと思っています。日本では、クリスマスに親しい人どうし、あるいは家族の間でプレゼントの交換が盛んです。

吉田さんは去年のクリスマスに友達に中国の万年筆をあげました。弟におもちゃをあげました。友達からはCDをもらいました。高校時代の先生からは英語の辞書をいただきました。

中国では、学生はクリスマスによくプレゼントをしますが、ふつの人たちはやはり結婚式や誕生日にプレゼントをします。李さんは今年の誕生日にお父さんからノート・パソコンを、お母さんからセーターをいただきました。ご両親の誕生日に、李さんはお父さんにはデジカメを、お母さんにはマフラーを差しあげました。妹には誕生日にかわいい人形をあげました。

会話

吉田:日本では、古くから贈り物をする習慣がありますが、中国ではどうですか。

李:日本と同じです。中国でも古くから贈り物をする習慣があります。

吉田:そうですか。

李:もうすぐクリスマスですね。日本では、クリスマスにお互いにプレゼントをするでしょう。

吉田:はい。日本では、クリスマスに親しい人どうし、あるいは家族の間でプレゼントの交換が多いです。とくにデパートの宣伝やマスコミの影響で、クリスマスプレゼントは年々盛んになっています。

李:デパートへプレゼントを買いに行く人は多いんですか。

吉田:ええ。それで、どのデパートも売り上げを伸ばすために特別な売場を作ってクリスマスプレゼントセールに力を入れます。

李:クリスマスのプレゼントはどんなものが多いでしょうか。

吉田:たぶん身につけるものや文房具などクリスマス向きのものが多いでしょう。

李:吉田さんは去年のクリスマスに友達に何をあげましたか。

吉田:友達に中国の万年筆をあげました。

李:友達からもプレゼントをもらいました。

吉田:ええ、友達からもプレゼントをもらいました。

李:何をもらいましたか。

吉田:CDをもらいました。

李:今年のクリスマスに友達に何をあげるつもりですか。

吉田:今年は友達に中国のお茶かお酒をあげるつもりです。

李:去年のクリスマスに弟さんに何をあげましたか。

吉田:弟には、おもちゃをやりました。

李:去年のクリスマスに高校時代の先生に何か差しあげましたか。

吉田:高校時代の先生には、ネクタイを差しあげました。

李:先生から何かいただきましたか。

吉田:ええ、先生から英語の辞書をいただきました。ところで、中国でも、クリスマスにお互いにプレゼントをするでしょうか。

李:ちょっと日本と違います。学生はクリスマスによくプレゼントをしますが、ふつうの人たちはやはり結婚式や誕生日によくプレゼントをします。

吉田:去年、李さんの誕生日に、ご両親は何かくださいましたか。

李:父はノート・パソコンを、母は自分で編んだセーターをくれました。

吉田:ご両親の誕生日に、李さんは何か差しあげましたか。

李:父にはデジカメを、母にはマフラーを上げました。

吉田:妹さんの誕生日に李さんは何かあげましたか。

李:かわいい人形をあげました。

吉田:お姉さんは李さんにいろいろなものをくださいますか。

李:ええ、この前はアルバムをくれました。

吉田:李さんもお姉さんに何か差しあげたことがありますか。

李:いいえ、わたしはただもらうだけで、姉には一度もあげたことがありません。

吉田:じゃ、妹さんから何かもらったことがありますか。

李:いいえ、もらったことはありません。妹は何もくれません。

吉田:李さんの誕生日に、友達は李さんに何かくれましたか。

李:はい、記念切手をくれました。これが友達からもらった記念切手です。なかなかいいでしょう。

吉田:ああ、きれいな切手ですね。

李:吉田さんは中国のきってを集めるのがすきでしたね。一枚あげましょう。

吉田:ほんとうにもらってもいいのですか。

李:ええ、どうぞ。

吉田:どうもありがとうございます。

李:ところで、あさっての晩、近くの文化館へ映画を見に行きませんか。

吉田:あさってはちょうどクリスマス・イブですね。

李:ええ、そうですね。ご都合はいかがですか。

吉田:都合はいいんですが、何という映画ですか。

李:「サンタ・クロースの贈り物」という映画です。

吉田:そうですか。中国に来てから映画はまだ見たことがありませんから楽しみですね。いっしょに見に行きましょう。

 

読解文

お中元とお歳暮

日本では、古くから年に二回贈り物をする習慣があります。七月にあげるのをお中元と言います。十二月にあげるのをお歳暮と言います。

このシーズンには、どこのデパートも売上げを伸ばすために特別な売場を作ってお中元、お歳暮のセールに力を入れます。シーズン中のデパートはたいへん込んでいます。以前は、お中元とお歳暮は自分で直接持って行きましたが、今ではデパートなどに頼むこともできます。

日本人がお中元とお歳暮にもらいたいと思っているのは商品券がトップですが、じっさいにもらうのは長持ちする食品(例えば缶詰め、しょうゆ、油)や飲料(例えば酒、ビール、ジュース)やタオル、石けんなどのセットが多いです。また、最近はお食事券や省エネルギーのアイディア商品もたくさんあります。

“《新编日语(一)》第十六課 前文と会話と読解文”的一个回复

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注