《新编日语(一)》第十二課 前文と会話と読解文

第十二課        試験

前文

今日は試験です。試験問題には「聴解」、「文字・語彙」、「読解・文法」の三つのセクションがあります。それぞれのセクションには五つの大きな問題があります。大きな問題には、いくつかの小さな問題があります。それぞれの問題には四つの選択肢があります。正しい答えは一つだけですから、二つ選んではいけません。書き間違ったところは書きなおしてもいいですが、描き直す時に、前の答えを消しゴムできれいに消さなくてはいけません。開始のベルが鳴る前に、先生はこのように説明しました。ほんとうに難しくてきびしい試験です。しかし、みんなは一生懸命がんばります。

会話

先生:     みなさん、予鈴が鳴りましたから席に着いてください。

学生:     はい。

先生:     今から問題用紙と解答用紙を配ります。

学生:     問題が多いですね。今すぐ書き始めてもいいですか。

先生:     いいえ、まだ始めてはいけません。試験開始の合図があるまで問題用紙を開けないでください。

これから注意事項を言いますから、よく聞いてください。

一     最初に名前を正しく書いてください。

二     かならず鉛筆を使ってください。

三     試験中、ほかの人と話しをしてはいけません。

四     辞書や教科書などを見てはいけません。

五     カンニングをしてはいけません。カンニングをした場合、受験の資格を取り消します。

質問はありますか。……はい、どうぞ。

学生:     答え方がよくわかりませんから、教えてくださいませんか。

先生:     はい、これから答え方を説明しますから、よく聞いてください。試験問題には「聴解」、「文字・語彙」、「読解・文法」の三つのセクソンがあります。それぞれのセクションには五つの大きな問題があります。大きな問題にはいくつかの小さな問題があります。答えはすべて解答用紙に書いてくだいさい。

学生:     それぞれの問題には四つの選択肢がありますが、二つ選んでもいいですか。

先生:     二つ選んではいけません。選択肢が四つありますが、正しいものは一つだけ選んで◯をつけてください。またその解答欄にマークしてください。

学生:     問題用紙は出さなくてもいいですか。

先生:     いいえ、問題用紙も出さなくてはいけません。問題用紙を持ち帰ることはできません。解答用紙といっしょに出してください。問題用紙を出さない人は採点しません。

学生:     ボールペンや万年筆で書いてもいいですか。

先生:     いいえ、ボールペンや万年筆で書かないでください。必ず鉛筆を使ってください。

学生:     途中、質問してもいいですか。

先生:     印刷がはっきりしていないところは質問してもいいです。その時は手を上げて小さい声で聞いてください。

学生:     聴解試験の時はメモを取ってもいいですか。

先生:     はい、メモを取ってもいいですが、規定の時間は長くないですから、よく考えながら聞いてください。

学生:     書き間違ったところは書き直してもいいですか。

先生:     はい、書き直してもいいです。しかし、書き直す時には、前の答えを消しゴムできれいに消してください。

学生:     答案が汚くなった場合はどうしますか。

先生:     試験の結果はコンピューターで統計しますから、答案がきたなくなった場合は採点ができません。ですから、気をつけてください。

学生:     時間を延ばすことはできません。必ず時間を守ってください。質問はもうありませんか。では、ちょうど開始のベルが鳴りましたから書き始めてください。

 

読解文

訪問のマナー

人を訪問する時、あらかじめ電話で日時を約束しなくてはいけません。 そして、約束した時間より早く行ってはいけません。 必ず約束の時間に行ってください。

うちに入る時はベルやチャイムを鳴らしてください。勝手にドアを開けてはいけません。 手みやげは部屋に入って渡してください。 その時はこう言います。

「ささやかですが、お受け取り下さい。」

でも、花や生鮮食品は部屋に入る前に渡してください。 訪問先で食事をする時は、嫌いな物は無理に食べなくてもいいです。帰るときはお礼をいいてください。

「今日は本当にありがとうございます。」

次に会った時も必ずお礼を言ってください。

「先日はどうもありがとうございました。」

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注